手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第4話 私、お父さんとずっと一緒にいたいから 無料


 

この記事では手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第4話 私、お父さんとずっと一緒にいたいからの無料ネタバレと感想、無料試し読みが出来る公式サイトのご紹介をします♪

3話でお父さんに処女を奪われて中出ししまくられた陽葵。

それでも警察に自首しようとしているお父さんを引き止めた。

やっぱりお父さんは本当のお父さんじゃなくても今まで育ててきてくれたのは事実だし。

さっきのことはなかったことにするしお母さんにも言わないから…!

そう言ってお父さんを引き止めます。

一度は自主を決意していたお父さん。

自分にはもう陽葵の顔をみる資格は無いと思っていたお父さん。

陽葵の必死の食い止めを聞いてお父さんの考えは変わるのか?

もし仮にお父さんが自首しなかったとはいえ元の関係に戻るのってなかなか難しいと思うんですけどどうなっていくのか(^^;

4話以降の流れはなかなかにエロく、さすがチンジャオ娘と言った感じです♡

正直こういう流れになるとは思ってなかったですね(^^;

4話の1コマ目の画像からあれ?ってなると思います♪

そういうことね♡

こうふんするじゃねーか!!!

ってなる人多いと思いますよ(*´Д`)

それでは早速ネタバレ書いていきますね♪

 

1つ前の3話のネタバレ記事をみたい方はこちらです♪

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして admage_js('https://mobee2.jp/ad', 'medium=27876&ad=35213&cre...

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第4話 私、お父さんとずっと一緒にいたいからネタバレ

結局出頭することなく家に戻ってきたお父さん。

今後の人生が全く変わってしまう危機がなくなる、という可能性をちらつかされて

それでも出頭するほどの正義感はなかった。

お父さんは次の日も何事もなく出勤し、陽葵も何事もなく登校していた。

一晩考えてもしかしたら陽葵はやっぱり出頭してほしいと望んでいるかもしれない。

…そのときは出頭しよう。

そう決めていた。

まだ妻は旅行中で夜に陽葵にどんな顔で会えばいいのだろうと考えて帰宅し、そろそろ晩御飯でも用意しようとする時だった。

「お父さん…

お父さんの気持ちいいことしてあげる……」

そう言って陽葵はお父さんのパンツを脱がせて両手でち〇こを触りだした。

ぎんぎんに大きくなってるお父さんのち〇こをドキドキしながら顔を赤くしてすりすりと触っている。

なんだ陽葵…っ

…お父さんの気持ちいいことしてあげるの

気持いいこと…?

その…

私ずっとお父さんと一緒にいたいから…

昨日はお父さん戻ってくれたけど…

やっぱり警察に行ったりしたら…

私やなの……

…行かないよ

もう…

うそお父さん…私が本当に許してるのか

怖いんでしょ…

お父さん正義感強いし…

何かあったらすぐ

警察に行きそうだから…

私の思ってないことで

警察なんかに行かれたら…

私やだよ…

…陽葵……

私にはお父さんが必要だから…

お父さんにも私が必要って思って欲しいの

授業中…

スマホでいっぱいえっちな動画観てたんだけど…

おち〇ちんにキスもしてたよ…

すごい…

おち〇ちん

ドクンドクンしてる……

あ…っ!!

が…っ!!

ねえ…

気持いい?

私のやってるの

ちゃんと気持ちいい?

気持いいよ…っ

気持いい…っ

よ…良かった…!

口もくわえてたりしたけど……

そう言って陽葵はお父さんのち〇こを喉奥深くまで咥えた…

じゅぶじゅぶといやらしい音を立てながら頑張ってお父さんのち〇こを咥える陽葵。

はじめてなのに凄い気持ちいい陽葵のフェラでお父さんはすぐに射精した。

お父さんを口でイカせることができて嬉しそうにお掃除フェラをする陽葵。

えっちなビデオと同じことをして本当にこれで気持ちいいののかと不安もありながら頑張った陽葵はお父さんに本当に気持ちよかったか聞く。

お父さんが気持ちよかったと言うと陽葵は安心してよろこんだ。

お父さんがずっと家にいてくれるなら毎日してあげるからね♡

と言う陽葵。

 

その後、妻が旅行から帰ってきたあとも

陽葵は妻の目を盗んではこっそり俺のち〇こを

フェラしていた。

俺も内心、

客観的に見れば不自然なこと、

あってはならないことと思いつつも、

日に日に上達するフェラを楽しみにしていたところはあった…。

「ねえ、お父さん

私おっぱい大きいよね…」

「え……?

あ…ああ……

……大きい方だろう」

「……クラスの友達にさ、

おっぱいでもおち〇ちんを擦れるんだって聞いたんだ」

そんな会話をしながら陽葵は寝ているお父さんの前に立ってドキドキしている。

お父さんの股間はまだズボンをはいているがもっこりと大きくなっているのがわかる。

…やってみたいんだけどおっぱいでち〇ちん擦るの……

……ああ

……やっていい

…かな?

もっとお父さんが気持ちよくなるよう

頑張るから……

……やりたいと言うなら…

…いや、やってくれ…!

陽葵の頑張りを見せてほしい…!

やった…!

お父さんのち〇こを自分のおっぱいで擦れることをよろこんだ陽葵は

服をめくり上げブラに収まりきらないほどの大きなおっぱいをだした。

………

……ゴク

……

……大きい…よね

……ああ

かなりな……

なんでだろ…

お母さんはそうでもないのに

……なかなか合うサイズの下着がないんだ…

これも1年前に買ったのずっと使ってて

今は合ってなくて…

それにすごい重いの…

持ってみて

……ああ

お父さんは陽葵のブラを外した生乳を下から両手で持ってみる。

重いな…かなり…

お…女の子は大変だな…!

そうなの…

お母さん下着の話になると

やたらサイズ聞いてきて

やだから…

今度お父さん買ってよね

今のに合うやつ……

ふふっ…

分かった…!

どこで買えば

いいんだろうな…

それは今度教えるから

連れてってくれれば

いいから……

えっちビデオでも観たけど

おち〇ちんこれなら

擦れるよね……

陽葵はそう言うとお父さんのち〇こをおっぱいで挟んだ。

おお…っ

お…っ お…っ

お…っ…!!

気持いい…?

気持いい…!!

ただ当ててるだけだけど…

陽葵は巨にゅ…

大きいから肉がよく

密着して……

お……っ

お……っ!!

じゃあ擦ったらもっと気持ちいいってことだよね…?

えっちビデオみたいに…

おお…っ

えっちビデオみたいに…

陽葵はそう言ってお父さんのち〇こを挟んでいるおっぱいを両手で上下に揺らしお父さんのち〇こを擦りだした。

陽葵…っ

待て…ちょっと…

もう出てしまう…っ

お父さんはそう言うと我慢できずに陽葵のおっぱいに挟まれたち〇こから大量に精子を出した。

本当に出た…っ

おっぱいでお父さんをイカせることができてすごくうれしそうな陽葵。

やったやった!

本当に出せた!

えっちビデオみたいに…!

すごいすごい!

いっぱい出てる!

私えっちビデオの女優さんみたいに本当にできたんだ…!

ね!

気持よかったでしょ!?

あ…ああ…

最初からこんなに

気持良くできるとは…

さすが陽葵だよ……

お父さんが家にいてくれるなら

毎日やってあげるから!

私もっと上手になって

お父さん気持ちよくさせてあげるから!

俺はどこにも行ったりしないよ……

ん”ん”ん”ん”ん”っ

まだ手コキでち〇こを擦る陽葵の手が気持ちよくてまたイキそうになっているお父さん。

つづく


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第4話 私、お父さんとずっと一緒にいたいから感想

4話からは陽葵が主導になってお父さんに迫る感じになってきました♡

3話まではお父さんが陽葵をレイプの流れだったのですが陽葵が求めるようになってちょっと痴女ものの雰囲気も出てきましたね(*´Д`)

まだそこまで陽葵が強引にといった感じでは無いですが、陽葵がもう限界だと言っているお父さんを無理矢理♡

くらいの痴女っぷりをみせてくれても興奮しそうです♡

4話は手こきフェラパイズリでしたが5話からはまたしっかりと陽葵のおま〇こにち〇こを挿入したセックスの描写がみれますよ♡

陽葵から求めるお父さんのち〇こ♡

お父さんに突かれて感じまくる陽葵の顔はエロくて抜きまくれますよ(*´Д`)

5話のネタバレ記事はこちらです♡